うさぎのお迎え&ユキオ婿入り

天候不順の春、農家の方の心労を考えると胸が痛みます。

体調を崩す人も多いようです。
かくいう我が家でも、先々週の週末は娘がウイルス性っぽい胃腸炎で3日ほど調子が悪く、そのあと私も・・・。さらに先週は定期検診に行って移されたのか、ずっとのどがいがらっぽく声が出なくて不調でした。やっと治ったと思ったら、今度は主人と娘が同じように・・・。

でも、まあ、そんな中でも動物がらみのこととなると張り切る我が家であります。

実は、わたしの務めているサポート校で今年度は「うさぎを飼う」ということに決まり、うさぎ調達係を買って出ました。それで、あちこち探して近場で里親募集されていたウサギを3頭引き取る手筈を整えて、この週末駆け回ってきました。

ネザーランドの生後1か月くらいの子ウサギ1匹と、ホーランドロップイヤーのおとなのウサギ、グレーと白の2匹。子供たちでも触れるように人になれた子を探し出しました。

ネザーの子は、もう見ているだけで癒される、もう、かわいいったらないの!
a0061845_22383310.jpg

千葉県内の一般家庭で飼われている両親から生まれて、可愛がられて育ってきた子です。とっても人の手になれていて、おとなしい良い子。


ロップイヤーのグレーの子も、おっとりまったりした癒し系で、いい味出してます。
a0061845_22393739.jpg

東京の独身男性が可愛がって飼っていた子ですが、飼い主さんがアレルギーを発症してしまい泣く泣く手放すことになった子です。この子も、なでなで・抱っこ大好きで扱い易いです。


もう1匹の白い子は、ちょっとサイズが大きいし、抱っこをいやがるところがあるし、もとの飼い主さんが、娘のように可愛がっていたのがわかるだけに、学校ウサギにしてしまうのが忍びなく、うちで飼うことにしました。今まで飼ってたのもみんな白いウサギだったしね。
a0061845_22432849.jpg

飼い主さんの仕事が変わって飼い続けるのが難しくなり、手放すことになったそうです。近くの小学校や幼稚園などで飼ってもらえないか問い合わせてもだめで、市役所からは保健所送りと言われたそうです。犬や猫でもそうだけれど、おとなになってしまった動物はなかなか引き取り手が見つからないんですねぇ。
むしろおとなになってからの方が丈夫だし、飼っていた人からどんな性格か、特徴や飼い方も聞けてラクだと思うんだけどね。日本人は特に動物は子供のときから飼わないとなつかない、とか思いこんでいる人が多いからなぁ・・・。

この子はまだ家に来てから写真撮ってないので、後日ちゃんと写真載せます。上のは里親募集の掲示板にあったやつです。


さて、うさぎは出迎え、山羊は見送り。

2年前の春に千葉のHさん宅からもらってきたユキオ君。
種オスとしてこの2年間に5回の出産をさせ、10頭の子ヤギの父となった彼が、旭市のある方のところに婿入りすることになり、日曜日に送り出しました。
まだまだ若いのでこれからも先方のメスヤギたちを相手にがんばることでしょう。

これで我が家の山羊はメス2頭だけになりました。
ずっと半年おきに出産していたメェちゃんも、これで少しお産を休ませることができます。
カエデはまだ若いので、そのうちふさわしいお婿さんを迎えてあげたいと思っていますが、小さな体で出産・子育てを終えたばかりなので、ちょっと一休みさせたいです。
[PR]

by chikoblog | 2010-04-19 22:28 | ヤギ・ウサギ・その他の動物