レイクウッズガーデン ひめはるの里

大型台風15号が過ぎ去って、各地で大変な被害が出ているのを見て心が痛みます。
こちらは多少庭に置いてあったものが飛ばされたくらいで、たいしたことなく無事でした。

2度目の3連休初日の今日は、前から行きたかったレイクウッズガーデン ひめはるの里に行ってきました。
お目当ては、なんと言ってもオーストラリアン・ラブラドゥードル
日本で唯一このパークでしかふれあえないのです!!

レイクウッズガーデン、10月号の「レトリーバー」誌にも掲載されていたのでご覧になった方も多いかと思います。
隣の茂原市で、かつて市営の「ひめはるの里」という公園だった場所に去年作られた、犬と楽しめるパークです。

この春グランドオープンしたのですが、当初は入園料1000円とか、中にあるドッグランも別料金とか、って聞いていたので、ちょっと高いなあ~と敬遠してました。プレオープンの間に行った人の話もあまり芳しくなかったので・・・。

でも、最近になってオーストラリアン・ラブラドゥードルのことを聞いて、調べて見たら、入園料は600円に値下がり、ドッグランも無料になってました。そのくらいなら行こうかな?って思うよね。

オーストラリアン・ラブラドゥードルについての情報も増え、一般向けにペットタイプの予約販売や繁殖犬の里親制度などもあるそうなので、詳しく聞いてみたいなぁ・・・。

ということで行って参りました。


我が家から車で10分弱。うちから一番近いレジャー施設ですね。
駐車場料金は1日300円。リーズナブルですね。
以前はなかった立体駐車場ができていました。


たいして人はいないんじゃないかと思ったら・・・
今日はFM局の公開録音があるそうで、けっこうなにぎわいでした。

まずはお目当てのラブラドゥードルに会いに行きました。
広いサークルの中に20匹くらいワサワサいる中に入ってふれあえるコーナーにて。(30分100円なり)
a0061845_18454878.jpg

デジカメ持って行くの忘れて、携帯の写真ですが、こんな感じ。
a0061845_18484816.jpg

ふわふわモコモコの子たちがいっぱいです。
a0061845_1850527.jpg

チョーかわいいwwww



もらった資料によると、
「オーストラリアン・ラブラドゥードルは、動物アレルギーを持つ人の介助犬になることを目的に、ラブラドールとプードルを主体に他の4犬種を交配して作出された犬種です。毛が抜けにくい、においがほとんどしない、人懐こい、頭がいい、といった介助犬としてすぐれた資質を持っています。」
とあります。

たしかにラブラドールは性質は申し分ないけれど抜け毛に悩まされます。プードルはラブほど温和ではなくて、うちのトイぷーたちもケンカっぱやいもんね…。両方のいいとこどりできたら理想的。
それを実現したのがオーストラリアン・ラブラドゥードル。いつか飼ってみたいです。

ラブラドゥードルを飼うにはどうしたらいいのかというと、本場オーストラリアから個人輸入するか、このレイクウッズガーデンで求めるか、しかないのだそうです。
日本でこの犬種を販売しているのは、このレイクウッズガーデンのニチイグリーンファームだけ。
ペット用に販売される犬たちはすべて避妊去勢済みで個人が繁殖することはできないようになってます。

繁殖用の犬を飼うには、ファミリーケアホーム(FCH)システムといのがあって、いろいろな条件をクリアした家族だけが繁殖犬を飼うことができますが、交配や出産はすべてニチイグリーンファームで行うので、メス犬の場合は、出産前から2か月間はファームに預けることになります。
いちばん楽しい時期を自分で世話できないなんて・・・。


まあ、どっちにしろ家では今はまだ無理。
もう少しわんこたちの数が減ったら考えよう。

んんん・・・でもやっぱり家で子犬産ませて育てたいよね。

もしくは、いっそレイクウッズガーデンでドッグスタッフとして働くって手もあるかも。

スタッフ募集してるしね。
毎日ふわふわの子たちとふれあえるのは魅力的www

考えておこう。


パークには、犬連れで来ているお客さんいっぱいいて、めったに見られないセントバーナードとか白いシェパードとかもいて見ているだけで楽しかったです。
黒ラブもけっこう歩いてたけど、どうもよその黒ラブはかわいく見えない。
うちのナナの方がぜったい美人でお利口よ。

ね、ナナちゃん!
a0061845_19252959.jpg

こんどパパが連れてってくれるよ、きっと。
[PR]

by chikoblog | 2011-09-23 18:14 |