ヤギメモリー

今日は穏やかな良い天気の好日。
生まれて2日目の子ヤギたち、まだあまり歩きまわったりしないで、小屋の中でおとなしくしていますが、元気です。今日はお母さんヤギがえさを食べている間、子ヤギだけのところをパチリ。いつも2匹で寄り添ってます。
どんな名前をつけようか、家族で考えていますが、フジオの子供なので、山の名前にしようかと・・。
a0061845_16123730.jpg


ところで、このブログ、中途半端ですね~。ヤギのことは、以前のヤギたちが全部いなくなってしまってから、いきなり去年の子ヤギのことに飛んでました。すみません。
さかのぼって投稿しようかと思ったんですが、ちょうどそのころの画像が去年パソコンがクラッシュしたときに消えてしまってありませんでした。もっと前の写真ならあるので、ついでだからずっとさかのぼって、我が家のヤギたちについて振り返ってみました。

我が家でヤギを飼い始めたのは、2004年の秋。その前の年に、家の前の空き地を借り受けて300坪のドッグランを作ったのは良かったんですが、夏の間の草刈りが大変で、ヤギでもいればねぇ・・・とつぶやき始めたのがきっかけ。そのころ4歳だった娘が「アルプスの少女ハイジ」が大好きで、「山羊の乳しぼりしてみた~い!」と言っていたのも影響するかも。父も山羊乳は体に良いと聞いて、所望していたようです。タイミングよく親戚の家で飼っていたヤギが増えたので2頭譲ってもらうことができて、ヤギ飼い生活がスタートしました。ヤギ担当は昭和5年生まれの父。ヤギ小屋も柵も作ってくれました。
a0061845_15553554.jpg

最初に飼い始めたつがいは、もうおとなになっていて、オスの方はすぐ次の年に亡くなってしまったんですが、幸いメスのお腹には子供が宿っていて、2005年の3月には初めてヤギの出産に立ち会うことができました。2頭の子ヤギたち、かわいかったです~。
a0061845_15583521.jpg

うちで生まれた子ヤギ2匹に、もう1匹親戚からオスの子ヤギを預かって、とってもにぎやかな時期もありました。うちの犬たちはもちろん近所の子供たちまで一緒に子ヤギのいるドッグランで遊ぶ様子はまるでファミリー牧場でした。
a0061845_16334359.jpg


a0061845_16242495.jpg

メスの子ヤギ(メリー)は残して、オスの子(アリー)は里親さんにもらってもらい、あとから来たオスのハリーはメリーのお婿さんに、と次の世代に期待していたのに、お母さんヤギが夏に病死、秋にはハリーも病死、翌年にはこのブログにもあるようにメリーまでも急死・・・。一時はむなしくなってもうヤギは飼うまい、と思ったものの、春になって草が伸び始めると、う~ん、ヤギがいたら食べてくれるのに・・・。で、また子ヤギを探して、譲ってもらったのでした。

フジオとメエちゃんは、2006年の春生まれで、5月の連休のころにもらってきました。
フジオは、夷隅市(旧大原町)のフジ不動産というところからもらってきたのでフジオ(単純)。
メエちゃんは、館山市の須藤牧場さんのご紹介で、館山市内のあるレストランで飼われているヤギさんの子です。どちらも人によく慣れて性格の良い子たちでした。子ヤギのうちなら普通乗用車でも運べるので、犬用のバリケンを積んで春の房総をドライブがてら迎えに行きました。
今度は、病気や毒草・牧草のカビなどには十分注意して、幸い2頭とも元気に成長しました。

そして、翌年、2007年の春には待望の子ヤギたちが誕生。2頭とももよい里親さんに巡り合えてもらっていただきました。

今年2回目の出産。その2週間前に父親フジオが原因不明で急死してしまい、またもがっかりしましたが、メエお母さんはたくましく出産。子供たちが元気に育ってくれることを願うばかりです。
[PR]

by chikoblog | 2008-01-27 16:36 | ヤギ・ウサギ・その他の動物