ピッピちゃんとイモムシ

木曜日の晩に、かなり強い雷雨があって以来、急に秋めてきました。
虫の音もコウロギやスズムシの秋の虫の声に。
いや~過ごしやすくていいです。
わんこたちも今日はいつもの日よけシートの影でなくて、ふつうに日のあたる(といっても今日は曇りだったけど)ところで寝ていました。

ところで、数か月まえ突然現れた、我が家のニューフェースをご紹介します。
ニワトリのピッピちゃんです。
a0061845_21451191.jpg


もう2か月くらいになるので、ひよこから若鳥になってきました。
種類は不明、性別はたぶんメス。よろしく~。

6月ごろ、メン鳥のうち1匹が巣についてしまったとき、父が近くのスーパーで有精卵を見つけて買ってきて、試しに抱かせてみたのです。10個のうち1個だけ孵ったのがこの子。
雛のときから人の手に慣れているので、とっても人懐こく、ピッピー!と呼ぶとタタタタターーーっと走ってきます。
夜の間は、父の物置でケージに入れられてますが、昼間は放し飼いです。
庭や畑の虫やら草やら好きについばんでます。


この夏、ひょうたんによくいる虫。え~と右側が頭です。
a0061845_21515195.jpg

おととしもひょうたん植えたらこの虫がたくさんついて、昆虫図鑑で調べても載ってなくて、成虫になるまで観察してやっと名前がわかった、「ウリキンウワバ」という蛾の幼虫です。
今年は見つけ次第ピッピのおやつ。

a0061845_21532239.jpg

こんな感じで指先に乗っけて差し出すと喜んで食べくれます。
おかげで今年はひょうたんの出来が良いです。



も一個、ハデハデな虫を。
a0061845_21552893.jpg

日なたでコントラストが強すぎて模様がよくわかんないですが、里芋の葉っぱについてた、いわゆるイモムシです。
これも去年育てて、身元がわれています。

去年のイモ虫の携帯観察画像です。
a0061845_22103814.jpg
a0061845_221154.jpg
a0061845_22113156.jpg
a0061845_22115036.jpg

最後は、こんなかっこイイ蛾になりました。セスジスズメというスズメガの一種です。
ジェット機みたいでステキでしょ?

でも、昨日庭で見つけたイモムシは、今日はいなくなってました。たぶんピッピのしわざ・・・。
ルーについてたナミアゲハの幼虫もだんだん減っていなくなってしまったし・・・。

お庭の植木や草花の害虫でお困りの方、ニワトリの放し飼い、いいかも知れませんよ!
肥料も自動的に補給できて、一石二鳥♪
[PR]

by chikoblog | 2008-08-23 22:30 | ヤギ・ウサギ・その他の動物