カイコ2日目

2日目のカイコたちです。
夏休みの間、カイコ日誌になりそうですので、虫苦手な方は画像から目をそらしてお読みください。
a0061845_17963.jpg

[PR]

by chikoblog | 2010-07-26 23:45 | カイコ・その他昆虫

暑さで早まった!

ご無沙汰です。もうすっかり猛暑の夏です。お元気ですか?

夏休みに入り、今週末は出かけることが多く、日中長時間留守にするので、家の中の犬たちをどうするか、、、、悩んだ末、ミッキーとララはいつものとおりに室内におき、ジジに室温の管理とトイレの始末をお願いし、ジャムは外わんこたちといっしょにヤギ牧場に放していくことにしました。
意外と外わんこたちの中に溶け込んで、夜もさびしがらないので、ジャムちゃん木曜日からずっと外犬です。
いつも家の中で、うるさがられてケージに入れられてばかりだったから、のびのびしてうれしいのかもしれない。まわりはメスだらけだしね。一種ハーレム状態。
明日は一度引き上げてシャンプーしてあげようと思います。


ところで、今年も娘の自由究用にカイコの卵を取り寄せたんですが、26日孵化予定で頼んで22日に届いたのが、2日早く昨日孵ってしまいました!

a0061845_23403619.jpg

孵化したての「毛蚕(けご)」と呼ばれる蚕の赤ちゃん!かわいいでしょ??


今年は白い繭の種類と黄色い繭の種類の比較観察して、来年その2種類の雑種の観察をまとめようと思ってます。
本当は、去年と今年でそれをやろうと思ってたんだけど、去年頼んだ卵が、なぜか黄繭の種類の卵に白い繭の卵が混入していて、ちゃんとした記録ができなかったので、今年また一からやりなおしです。
でも、一応去年の合いの子ちゃんたちの卵は今年5月から育てて、何色の繭になるかは下調べ済み。
なんと!高校の生物の教科書に書いてあるのとも、カイコの卵業者さんのサイトにある説明とも違うデータになったんだよね~。おもしろい。だから本腰入れて、丁寧なデータを取り直して、2年がかりでまとめようと思います。
[PR]

by chikoblog | 2010-07-25 23:43 | カイコ・その他昆虫

梅雨入り&カイコ続報

またしてもご無沙汰しておりました。

関東地方、とうとう梅雨入りだそうで・・・
犬もヤギもうれしくなさそうな季節の到来です。

あじさいはきれいに咲いてきましたよ。


さて、お蚕さんたち。

今年の春は気温が低めで、5月2日に孵化したカイコたちがようやく昨日あたりから繭を作り始めました。普通は25日くらいで糸はき始めるんですが、今回はあまりに大量すぎて家の中に入れられず、塾の玄関前の自転車置き場に置いたので、朝晩冷えたのが影響したみたいです。成長遅かったです。


初めてカイコ箱を外に置いて、びっくりしたこと。

●アシバガバチが、格好のえさ場と思って、数日前からカイコの幼虫を何匹も肉団子にして持って行ってしまいました!!!

●蜂よけにカイコの箱をネットで覆ったら・・・今度は雀が、ネットをずらしてまでも大量に盗んで行きました!!!!!!


もっと大きめのネットで覆い、しっかりロープで固定して、やっと被害がなくなりました。

ふう、みんな生きてくのに一所懸命。

でも、玄関前に蜂が来るのは危ないからねぇ。

あと何日かで繭になるし、今年は本当に手抜き飼育だったので、最後くらいはちゃんと保護してあげたい。

できた繭、今年はどうしよう・・・?
[PR]

by chikoblog | 2010-06-14 22:58 | カイコ・その他昆虫

アオスジアゲハのさなぎ

玄関先のアオスジアゲハの幼虫、はじめは6匹いたのに、いつのまにか数が減ってきて、今は3匹。みんなどこかさなぎになる場所を探して旅に出たらしい。

どこに行ったのかなぁ~とときどき玄関まわりを見渡すんだけれども、見当たらない。
でも、昨日やっと1匹発見!
なんと傘立てのビニール傘にくっついてました!

みごとな擬態です。
a0061845_22593140.jpg

右がさなぎ、左はクスノキの葉の裏側。
すごいですね~、色も葉脈の模様もそっくり。

昼過ぎに見ると、朝は3匹いたはずの幼虫が1匹しかいない。あとの2匹も旅立ったらしい。
最後の1匹をしっかり観察するため、飼育箱にいれ、ついでにビニール傘のさなぎも、傘の生地ごと切り取って紙コップに固定していっしょに飼育箱へ。娘の観察対象がまた増えました。
[PR]

by chikoblog | 2008-09-20 23:15 | カイコ・その他昆虫

アオスジアゲハの幼虫

去年、野鳥が種を落としていったんでしょう、自然に生えてきた木が玄関先のわずかな花壇スペースにあって、娘が愛称で呼んで大事に保護していました。

a0061845_18444334.jpg

今日、その木にある幼虫がたくさんいるのを発見!
わかりますか?まるっきり葉っぱの色とおんなじ。
a0061845_18452794.jpg

大きいのはこんな感じ。
a0061845_18455039.jpg

もっと小さいのも。
a0061845_18475089.jpg

葉っぱの裏側にも。
a0061845_18481242.jpg

昆虫図鑑を見るとアオスジアゲハに間違いない。なので、この木はクスノキだと判明。
たしかに葉っぱをもむと独特の芳香が。

少なくとも6匹はいました。ずっと観察したいので、木のまわりを金網で囲って鳥に食べられないように保護。
a0061845_18522766.jpg

アオスジアゲハは、娘のお気に入りの蝶だし、サナギもみごとな保護色になるようなので、楽しみです。
[PR]

by chikoblog | 2008-09-06 18:54 | カイコ・その他昆虫

シティライフ取材

やっと涼しくなったかと思ったら・・・今日はまた蒸し暑かったですね~~
もう、暑いのはイヤ!キライ!
はやく秋になって~

お盆休みの間も、あまりに暑いのでそうじする気も、出かける気も失せ、千葉市中央博物館の昆虫展しか行けませんでした。

それでも休み中がんばったことが一つ。
真綿のマフラー作り!
どうですか~?
a0061845_22353569.jpg

子供向けのカイコの本に出ていた方法で、真綿を四角く延ばすのではなくて、ドーナツ状にリングにして輪ゴムつなぎでつないで太い糸にして織ってみました。

なんで、こんな真夏にマフラー??
それは、今日、タウン情報紙・シティライフの取材があったから!
生きたカイコの幼虫や繭そのものだけじゃ、ちょっと寂しいから、もうちょっと作品がほしいな、と思って。

マフラーだけじゃなくて、念願の生糸取りもやってみましたよ。黄色繭でやってみたら、真綿のときより色が落ちないできれいな黄金色の糸ができました!
毛羽(けば)を使ったシルクぺーパーと、うちわで失敗したやつを使って押し葉をはさんだしおりも作ってみました。湿らせてアイロンでジューっとやるだけで簡単にできます。
ちょっと堅め和紙のような感じで、なかなか素敵です。
a0061845_22363529.jpg


がんばっていろいろ作ったかいあって、今日の取材でもしっかり写真に収めてもらえました。
最後には山羊たちの写真も撮ってもらえて、山羊仲間募集って載せてもらえるかも。
娘もいっしょに取材受けて写真に写ってます。この夏休みの一番の記念になるかも、です。

掲載は、1か月くらい後だそうで、9月後半だと思います。
どんな記事になるか、楽しみです。
[PR]

by chikoblog | 2008-08-19 22:56 | カイコ・その他昆虫

シルク団扇

6月の初めに孵化したお蚕さまたち、ほとんど熟蚕になり、つぎつぎと繭を作っております。
今回は、白い繭になるか黄色い繭になるか、種類によってきまってるので、うちはの骨に糸を吐かせて、シルクうちわを作ってみました。(”黄白”のときは、何色になるか糸吐くまでわからないので、作れなかった)

で、2日がかりで黄色のシルクうちわができあがりました!

a0061845_9362479.jpg

どうですか~?やわらかな風で気持ちいいですよ!

現在白いのを作製中。がんばれカイコたち!
a0061845_9425893.jpg


ちなみに、糸を吐き終わったカイコたちは、ころりとそのまま蛹になるそうですが、そこまで吐ききらないうちに選手交代して、まぶしに戻すと、薄い繭を作って蛹になりました。万事OK。
[PR]

by chikoblog | 2008-07-07 09:43 | カイコ・その他昆虫

3代目孵化

休眠しなかった卵たちが孵化し始めました。”黄白”の3代目たちです。

6月28日、29~30日、そして、今日、と1腹ずつ孵化しています。
1つは桑の葉で、残りは人工飼料で育てて、桑の葉が手に入らない人でも飼えるようにしようと思います。人工飼料も追加注文したし、シルクワーム屋開店です。

桑の葉育ち:孵化後4日目
a0061845_9193826.jpg


人工飼料育ち:孵化後2日目
a0061845_9195280.jpg


ヤフーオークションビッダーズオークションに出品中です。
「シルクワームS」で検索してみてくださいね。
[PR]

by chikoblog | 2008-07-01 09:41 | カイコ・その他昆虫

催青(さいせい)

お蚕さまたちのその後です。

”黄白”の成虫、かれこれ40匹くらい羽化して、せっせと卵を産みました。
斑紋の色が薄い”白ちゃん”たちは、羽化してみたらみんな羽が縮れていました。
a0061845_14491127.jpg

斑紋のある子たちはほとんど縮れなし。
a0061845_14473824.jpg

他にも違いがありそうなので、白×白、白×普通、普通×普通のそれぞれに分けて交尾させて、卵を産ませ、次の代を比べてみようと思います。

ほとんどの卵が、2・3日で色が変わって越年卵になったのですが、白のメスが産んだ卵、3腹分が黄色いままでした。
a0061845_14514754.jpg

未授精なのかな?それともすぐ孵化するやつかな?と半ば期待しつつ様子を見ていましたら、今朝、きれいなクリーム色だった卵が、うすい灰褐色に変わってきて、ポチッと黒い点もすけて見えるようになりました。
a0061845_1452651.jpg

「催青」という状態で、こうなるとあと3日くらいで孵化します。

よかった~。全部越年卵だと、夏に育てるのがなくなっちゃうから、昨日、3腹分浸酸処理をして、7月10日ごろまでに孵化する卵を用意したところでした。
(浸酸処理については、こちらを参照してくださいね。塩酸を使うので、厳重注意です。)

今日色が変わってきた卵たちは、あさってくらいには孵化するでしょうから、これで1週間おきくらいに定期的に孵化させることができます。シルクワーム安定供給への道、開ける!

高原社の卵からかえった子たちも、もうそろそろ全員5齢になって、あと1週間もすればまゆをつくりはじめます。
a0061845_14523453.jpg

a0061845_1452559.jpg

白繭の普通種と黄繭の特別種の卵を500個ずつ買ったんですが、オークションで売れたり、娘の同級生にあげたりして、3分の1くらいしか残ってません。

学校でカイコを飼うようになってから、自分でも飼いたくなる子が多くて、予想以上にみんなカイコを好きになってくれました。うちの娘でさえ、1匹だけ気に入ったのを牛乳パックを半分に切った入れ物に別にして、名前をつけて可愛がってます。手のひらサイズの小さな生き物、子供にとっては、魅力的なんですね。

昨日は、前にあげたカイコがまゆになったので、また幼虫が欲しい、とわざわざお菓子を持ってもらいに来た子もいたくらいです。カイコを友達にあげるようになってから、以前はどちらかといといじめて来た子と仲良くなれたり、以前は全然遊びに誘ってくれなかった近所の子から、「遊ぼう!」と誘われるようになったり、娘の社会的(?)成長にも一役かっています。お蚕さまさまです。
[PR]

by chikoblog | 2008-06-26 14:54 | カイコ・その他昆虫

郵便局びいき

今日はカイコの幼虫を2件発送しました。

お蚕さん、全国的に人気があって、ネットオークションに出すと必ず落札されて、この1か月半で卵・幼虫・まゆ、合わせて50件近いお取引がありました。リピーターの方も数名いらして、この調子だと、計画的に通年飼育してもいいかも知れません。本気でカイコ屋開業しようかと考え中。

ところで、いつもカイコを送るのに、「Yahooゆうぱっく」を利用しています。
便利なんですよ~、これが。

近くのファミリーマートから発送できるし、料金も普通のゆうぱっくより1割くらいお安いんです。発送伝票は、あらかじめ送り先をパソコンで打ち込んで受付する必要があるけど、自分の住所氏名は登録済みだから書かなくてよいし、簡単便利できれい。
送料はネット銀から振り込みできるし、いろいろいいことづくめです。

Yahooオークションの出品したものしか使えないと思ったら、ほかの一般の荷物でも使えるんです!これは便利です。
実際に配達するのは郵便局だから、その日の集荷の時間前に出せば、本州ならちゃんと翌日届きます。

でも、北海道や沖縄など遠隔地になると翌日配達にならないのがたまにキズ。
しかも、なぜか北海道だけは、ゆうぱっくの方が送料が安いし・・・。

なので、北海道の方に翌日までに送るには、ゆうぱっく速達がいちばんです。


今日は、北海道に送るのが1つあったので、2週間ぶりくらいに速達も扱っている本局に行きました。
そしたら、窓口のおねえさんが覚えていて、
「みんなちゃんと届いてますか?」って訊いてきました。

窓口に直接出すのはたまにしかないけど、コンビニで出したYahooゆうぱっくも、エクスパックもみんな本局に集まるわけだから、「品名:カイコ」の荷物がこれだけ頻繁にあればいやでも覚えますよね。

「はい、ちゃんと届いてますよ~。」

すると、奥から若いお兄さんも顔出して、これは幼虫ですか、とか、どのくらいの大きさか、とか、みなさん趣味で飼われるんですか、とか、いろいろ訊いてきました。

「そうですね、でも中には、爬虫類のエサにする方もいますよ。」

一瞬空気が凍りついて、

「カメレオンとか、カメとかトカゲとか・・・」

妙な緊張感が・・・・。

どうも、局員さんたち、爬虫類は苦手なようでした。

ちなみに、ゆうぱっくは、よほど危険なものでなければ生き物を送ることができます。
郵便局の直売(?)でも、スズムシとかカブトムシとか扱ってるもんね。

全国どこでも500円で、速達扱いで翌日届くエクスパックも、A4サイズのあの封筒の中に入いれば、なんでも送れちゃう。だから沖縄までエクスパックに幼虫入れて送ったこともしばしば。
なんて便利なんでしょう!
でもゆうぱっく以外の宅配便は、生き物はダメなんです・・・。植物はいいけど・・・。
どうしても土日に発送しなきゃいけない時は、しかたがないから宅急便で「桑の葉」という品名でカイコも入れて送っちゃったこともあります。良心がチクチク・・・。


さて、高原社から買った卵の幼虫たち、ほぼ全員4齢に脱皮終了。
白い繭をつくる普通種はこんな感じ。ごく普通ですね。
a0061845_23323981.jpg

黄色い繭をつくる特別種は、みんな白ちゃんです。ちょっと黄ばんだ白ですが。
a0061845_23331135.jpg

この子たちがどんな繭を作ってくれるか、楽しみです。
[PR]

by chikoblog | 2008-06-20 23:52 | カイコ・その他昆虫