は~るよ こい♪

子ヤギたち、おんもに出てきました!去年もそうでしたが、生後3日めになると歩いて小屋から出てきますね。まだ小屋のまわりをちょろちょろ探検してすぐ戻ってしまいますが、これから日に日に行動半径が広がっていくことでしょう。
a0061845_8114310.jpg

2頭とも元気です。好奇心旺盛で、エサ箱に首突っ込んでお母さんヤギのエサを食べるまねをしたり、目につくものなんでもにおいをかいだりなめてみたり。子供のしぐさというのは、どんな動物もかわいいですね!
a0061845_8128100.jpg

[PR]

by chikoblog | 2008-01-28 16:12 | ヤギ・ウサギ・その他の動物

ヤギメモリー

今日は穏やかな良い天気の好日。
生まれて2日目の子ヤギたち、まだあまり歩きまわったりしないで、小屋の中でおとなしくしていますが、元気です。今日はお母さんヤギがえさを食べている間、子ヤギだけのところをパチリ。いつも2匹で寄り添ってます。
どんな名前をつけようか、家族で考えていますが、フジオの子供なので、山の名前にしようかと・・。
a0061845_16123730.jpg


ところで、このブログ、中途半端ですね~。ヤギのことは、以前のヤギたちが全部いなくなってしまってから、いきなり去年の子ヤギのことに飛んでました。すみません。
さかのぼって投稿しようかと思ったんですが、ちょうどそのころの画像が去年パソコンがクラッシュしたときに消えてしまってありませんでした。もっと前の写真ならあるので、ついでだからずっとさかのぼって、我が家のヤギたちについて振り返ってみました。

我が家でヤギを飼い始めたのは、2004年の秋。その前の年に、家の前の空き地を借り受けて300坪のドッグランを作ったのは良かったんですが、夏の間の草刈りが大変で、ヤギでもいればねぇ・・・とつぶやき始めたのがきっかけ。そのころ4歳だった娘が「アルプスの少女ハイジ」が大好きで、「山羊の乳しぼりしてみた~い!」と言っていたのも影響するかも。父も山羊乳は体に良いと聞いて、所望していたようです。タイミングよく親戚の家で飼っていたヤギが増えたので2頭譲ってもらうことができて、ヤギ飼い生活がスタートしました。ヤギ担当は昭和5年生まれの父。ヤギ小屋も柵も作ってくれました。
a0061845_15553554.jpg

最初に飼い始めたつがいは、もうおとなになっていて、オスの方はすぐ次の年に亡くなってしまったんですが、幸いメスのお腹には子供が宿っていて、2005年の3月には初めてヤギの出産に立ち会うことができました。2頭の子ヤギたち、かわいかったです~。
a0061845_15583521.jpg

うちで生まれた子ヤギ2匹に、もう1匹親戚からオスの子ヤギを預かって、とってもにぎやかな時期もありました。うちの犬たちはもちろん近所の子供たちまで一緒に子ヤギのいるドッグランで遊ぶ様子はまるでファミリー牧場でした。
a0061845_16334359.jpg


a0061845_16242495.jpg

メスの子ヤギ(メリー)は残して、オスの子(アリー)は里親さんにもらってもらい、あとから来たオスのハリーはメリーのお婿さんに、と次の世代に期待していたのに、お母さんヤギが夏に病死、秋にはハリーも病死、翌年にはこのブログにもあるようにメリーまでも急死・・・。一時はむなしくなってもうヤギは飼うまい、と思ったものの、春になって草が伸び始めると、う~ん、ヤギがいたら食べてくれるのに・・・。で、また子ヤギを探して、譲ってもらったのでした。

フジオとメエちゃんは、2006年の春生まれで、5月の連休のころにもらってきました。
フジオは、夷隅市(旧大原町)のフジ不動産というところからもらってきたのでフジオ(単純)。
メエちゃんは、館山市の須藤牧場さんのご紹介で、館山市内のあるレストランで飼われているヤギさんの子です。どちらも人によく慣れて性格の良い子たちでした。子ヤギのうちなら普通乗用車でも運べるので、犬用のバリケンを積んで春の房総をドライブがてら迎えに行きました。
今度は、病気や毒草・牧草のカビなどには十分注意して、幸い2頭とも元気に成長しました。

そして、翌年、2007年の春には待望の子ヤギたちが誕生。2頭とももよい里親さんに巡り合えてもらっていただきました。

今年2回目の出産。その2週間前に父親フジオが原因不明で急死してしまい、またもがっかりしましたが、メエお母さんはたくましく出産。子供たちが元気に育ってくれることを願うばかりです。
[PR]

by chikoblog | 2008-01-27 16:36 | ヤギ・ウサギ・その他の動物

子ヤギ誕生!

 昨日はランのおかげで小刻みに2・3時間しか寝られず、心身ともに辛かったです。
昨夜、娘もいつもより早めに寝付いてくれて、今夜はやっとぐっすり眠れるぞ・・・と思った矢先に、外の犬たちを遊ばせていたパパが、血相を変えて「生まれてるよ~!」と走りこんできました。そう、ヤギの赤ちゃん、2月になってからかと思っていたら、もう生まれてしまいました!

 しかし、よりによってなんでこんな夜中に・・・普通ヤギは昼間にお産するものなのに、去年はちゃんと昼ごろ生まれてくれて、楽だったのに・・・。しかもランの死んだ日に・・・睡眠不足に輪をかけてくれるなんて・・・。

ともかく無事に生まれて、よかったです。夜中の12時すぎに第1子、続いて1時間ほどのうちに第2子、どちらも大きめで足長の男の子です。女の子が欲しかったのになぁ・・・こればかりはしかたありません。早めに里親さんを探しておかなくちゃ。

 暖かい房総のこのあたりでも、最近は寒い日が続いて、昨日もヤギの飲み水が凍ったままとけないほどの寒さでした。生まれたての赤ちゃんたち、寒さで弱らないか心配しましたが、濡れた毛皮をドライヤーでしっかり乾かしてやったら、みごとにふわふわになって、これなら大丈夫! しばらく様子を見てお母さんも落ち着いて牧草を食べたり水を飲んだり、くつろぐようになったので、安心して眠りについたのが3時半でした。 今日、土曜日は朝8時から夜9時までフル回転の一番忙しい曜日だというのに、なんでその前日がこういうことになるのよ。仕事の合間に立ったまま眠りそうでした。

 それでも、子ヤギたちは元気で、ぴょんぴょこ跳ねたりして、とってもかわいいので、疲れも眠気もとりあえず報われた思い。 今朝起きてから子ヤギのことを知らされた娘も、久し振りの赤ちゃんヤギのかわいさに大喜びで昼間いっしょに遊んでいました。
 寒さだけが心配ですが、子ヤギたち、夜にはヤギ小屋の隅とお母さんヤギの背中のすきまにすっぽりはまり込んで寝ていました。この様子なら十分寒さにも耐えられそうです。
a0061845_22565668.jpg
a0061845_22571419.jpg
今日は忙しくて、寝ているところしか写真が撮れませんでしたが、明日は1匹ずつ立っているところを写真に収めてアップしたいです!
[PR]

by chikoblog | 2008-01-26 23:00 | ヤギ・ウサギ・その他の動物

逝くもの来るもの

 すっかりご無沙汰しておりました。なんと8ヶ月ぶりの更新です。

 今日はさすがにお知らせせずにはいられない出来事がありました。

 今まで、我が家の犬たちの長老として絶大な存在感をかもしていたランが、今日昼前に息を引き取りました。13歳と7か月でした。

 若い時はかっとびだったランも、10歳を過ぎるころから、足腰が弱くなって、長い距離の散歩はできなくなり、1年ほど前からは日に3度、裏庭で用を足しに外に出る以外は、いつもリビングの隅の自分の布団で寝て過ごす毎日でした。それでも、新しい子犬が来るたびに、姥役を務めてくれて、頼りになるお母さんでした。
a0061845_2256192.jpg


 足腰は弱っても内臓は丈夫そうで、食欲は犬一倍だったのに、急に食べ物を受け付けなくなり水も飲めなくなったのが、3日前。それから急速に衰弱して、枯れていくように力尽きてしまいました。

 大型犬の13歳は長生きの方でしょう。つい先日も、かかりつけの獣医さんにミッキーの目の白濁を診てもらいに行って、ランの話題になり、「ランちゃん13歳かぁ、がんばってるね~」と言われたばかりでした。実際、ランの実の子供たちの中にも、先に亡くなっている子たちがけっこういます。報告していませんでしたが、我が家でも、一昨年の秋にはクロが不慮の交通事故で、昨年の夏には、チョコが病気で亡くなっています。だから、ランは大往生だと言ってもいいかも知れない。最後まで私に甘えて、ちょっと姿が見えない大声で鳴くので、昨夜から今朝はずっとそばについてたくさん話しかけたあげたし・・・。
 いつもランがいた場所をそうじして敷物などを片付けたら、ぽっかりとそこだけ穴があいたようです。

 それにしても、同じ年のトイプードルのミッキーは、目は白くなってきたものの、いまだに子犬みたいに走ったり跳んだりしているのを見ると、小型犬と大型犬の老齢期ってこんなにも違うものかと・・・。


 今、我が家では、室内では、2匹のプードル(13歳のミッキーと12歳のララ)と4歳のマルチーズのコロが、ランなきあとの小型犬ワールドを再構築しています。お外では、12歳のチャムリーと10歳のシロ、3歳のさくら、の3色ラブに、昨年11月に新たに加わったシェルティーとゴルデンレトリーバーのMIX”ハッピー”(じつはチビと呼ばれることの方が多い)が相変わらずの気ままな暮らし。ハッピーとさくらが、元気いっぱいにドッグラン(ヤギ牧場?)を走り回ってるのを見るのが、私たちのヒーリングタイムになっています。

a0061845_2257377.jpg


 ヤギは、今年になってまさかのフジオが急死。まだ2歳なのに・・・。身重のメエちゃんは、夫がいなくなってもさびしそうに鳴いたのはほんの1時間ほどで、あとはお腹の子を抱えて、毎日牧草や飼料を食いまくっています。2月のはじめころに出産予定です。

 生き物を飼っていると避けられない死との対面。そして新たな命の誕生。それを繰り返しすたびに心のひだが深く折り込まれていくように思います。

 今年は幕開けが暗かった分、これから明るい話題が提供できるといいのですが。ぼちぼちと、犬たちとヤギの様子をお知らせしていこうと思います。どうぞ気長にお付き合いください
[PR]

by chikoblog | 2008-01-25 23:04 |