シルクワーム屋 開業?

すっかりカイコの飼育日誌のようになりつつありますが、ほかにあまりネタがないので・・・。

この前の野生のクワコちゃんたちは、桑の枝を花瓶にさして、飼おうと思ったら予想外に桑の木の水上げが悪く、すぐにしおれてしまうので、あきらめてうちの桑の木に放しました。そしたらどこにいるのか、わからなくなっちゃった。卵だけはとっておいて、孵化したらずっと観察してみようと思ってます。

その後もエサ用に取ってきた桑の枝にクワコの幼虫が付いていることがよくあって、水洗いして枝から落ちたクワコが、ストックしておく桑をつけておく水の中に沈没してたり、桑の葉でくるまれたクワコのまゆをみつけたり、毎日のように見かけます。

う~ん、やっぱりこのあたりの自然は豊かだなぁ。都会ではなかなか桑の木自体見つけるのが難しくなっているそうだし、クワコも数が減っているそうなのに。残したいですね、こういう手つかずの自然。人も動物ものびのび生きられる。


さて、4月の終わりごろからぞくぞく孵化してきた去年の”黄白”の子供たちは、ようやく最後の卵も孵化して、一段落。これからは順次繭作りに取りかかります。

クワコもどきたちは全部まゆになって60個ほどの黄繭がとれました。どう利用するかはこれから考えます。ふつうのカイコのまゆより、細身で小さくて、絹糸の質も違いそうです。これはこれで、野蚕シルクとして、珍重されるかも知れません。濃淡はありますが、全部黄色でした。
a0061845_2042519.jpg

左は桑の葉についていた野生のクワコのまゆ。右はうちのクワコもどきのまゆ。クワコもどきのまゆは、クワコより大きく、カイコより小さい。
a0061845_20432114.jpg


白い子たちは、最初に孵ったグループがそろそろ繭を作り始めたところで、そのあとを追う5齢幼虫がかれこれ400匹くらいいます。4齢以下は、けっこう売れたのであと100匹くらいかな。

巣ごもりするように繭をつくってしまったのが1ついます。写真、右下に桑の枝にうもれて黄色いまゆがあるのが見えますか?あとは、ちゃんと”まぶし”の中に入って糸をはき始めたのが3匹。
a0061845_20462356.jpg


この1か月の間、卵と幼虫をネットオークションに出品して卵300個以上、幼虫500匹くらい分譲しました。結局1000匹以上育てたってことですね。うわぉ~。我ながらびっくり。

今回、オークションでわかったことは、意外とカイコの需要が高いこと。小学生の子供をもつお父さん・お母さんが、子供が興味を持ったから、と卵や小さい幼虫を求めるケースがけっこう多かったです。私自身もそうでしたが、自分も子供のときに飼ったことがあって、懐かしくなり、もう一度子供といっしょに育ててみたい、というのが多いですね。

その他には、ご自身が昆虫が好きでいろいろ飼っていらっしゃる方とか、写真を趣味にしておられる方も少なからずおられました。そして、意外と多かったのが、爬虫類や魚類のペットのエサとして求めるケース!
「カイコの幼虫」というと、カイコを飼いたい人が、「シルクワーム」というと、かわいいペットのために栄養価の高いエサがほしい人が、注目してくれます。ミルワームとかと同じ、活き餌なんですね、カメレオンとかトカゲとかカエルとかすっぽんとかの・・・。カイコが可愛くて育てている人にとってはちょっと許せない使われ方かも知れませんが、わたしは割り切って考える方なんで、それもありかな、と。 うちでも、去年まゆから取り出した蛹はニワトリの餌にしてましたから。

探してみると、「シルクワーム」って、高タンパクで質の良い餌として評判がいいのに、意外と売っているところは多くないんですね。爬虫類専門のペットショップとかで若干扱ってるだけで、それもすぐ売り切れだったり、単価が高かったり。なので、他より安くて質のよいシルクワームをコンスタントに供給できれば、固定客がつきそうな、サイドビジネスとしても有望だったりして・・・。桑の葉が無料でふんだんに手に入るこの地の利を生かして、春から秋の副業にしようかしら、と本気で考えているこのごろです。

とりあえず、半月ほど前に専門の業者さんに注文しておいた、黄白とは違う種類のカイコの卵が明日あたり届きます。2種類、500個ずつ。もちろん自分で育てて繭を作らせてみたくて取り寄せたんだけれど、100個でも500個でも値段が同じだから多くたのんじゃった。これでまた一仕事してみようかな~♪
[PR]

by chikoblog | 2008-05-29 20:57 | カイコ・その他昆虫

本物のクワコ

今日は娘の小学校の運動会。心配したお天気も、運動会が終わるまで持ちこたえてくれて無事に終了。よかった、よかった。延期になるといろいろ面倒だからね。

さて、おカイコさんたち、大きくなってきて5齢にもなると、その食欲旺盛なこと!
毎朝、娘を学校に送り出した後、通学路の周辺で桑の木を物色してひとかかえの枝を採ってくるのが習慣になってます。

今日は、枝ぶりのいい株を直径1cmくらいの太さの枝ごと何本か切ってきたら、野生のクワコが何匹もついてました。うちのクワコもどきたちと模様は似ているけれど、もっと小振りで、擬態が上手です。どこにいるかわかりますか?
a0061845_22393376.jpg


小さいのはやっぱり鳥の糞みたい。
a0061845_22422132.jpg


ラッキーなことに、卵まで付いていました。
a0061845_2240537.jpg


カイコと比較して育ててみたいと思います。

クワコもどきはまゆが40個以上になり、残り10数匹も2・3日中に繭作りそうです。
あとの普通のお蚕さんは、こんなに色白。
a0061845_22435587.jpg

現在、このくらいの5齢幼虫が200匹くらい、4齢・3齢もそれぞれ200匹以上、2齢以下は数えてないけど、2・3百匹。
これでも、タウン情報紙の広告やネットオークションでかれこれ卵400個くらい幼虫も400匹くらい譲ったんですよ。

まだ、ちょっと多いなあ。欲しい方お譲りしま~す。
[PR]

by chikoblog | 2008-05-24 22:52 | カイコ・その他昆虫

クワコもどきの繭

カイコ軍団のうち一番大きくなっているクワコもどきたちがいよいよ繭を作り始めました。
先日の大雨のときに、ひまつぶしにカイコがまゆを作るお部屋、”まぶし”を作っておいてよかった~!でも、1匹はまぶしを入れる前に箱の側面に繭作ってしまいました。おそうじ用のネットも使って。しかたがないから、まゆのところだけネットを切りとってそうじしましたよ。
a0061845_12194216.jpg


繭の色はうす黄色でした。今、5・6匹作ってますが全部黄色です。オス・メス関係なく黄色かな?幼虫の大きさのわりに繭は小さいです。

それにしても、気味の悪い模様をしてますね。ま上からみるとまるでツチノコ。
a0061845_12272218.jpg

こいつらの素性ですが、どうもわたしの勘違いで、去年の黄白の2代目ではなく、3代目だったようです。
2代目は、ちゃんと親と同じにメスが黄色、オスが白のまゆを作るというのを去年の秋に確かめたので、よそにあげる卵は2代目の方にして、少しだけあった3代目の卵は、とりあえずうちで孵してみようと、最初に出したのでした。ちゃんと記録しておかなくちゃね。

クワコもどきたちのあとから孵った2代目の子たちは、みんな正常な幼虫でした。3齢・4齢と成長してきても、鳥の糞みたいなのが出てきません。よかった。

もしかして、クワコもどきのお父さんは、本物のクワコなのかしら?
蚕糸・昆虫農業技術究所っていうところのホームページにカイコの原種のデータがくわしく載っていて、ざっと見てみたんだけど、こんな色の幼虫の種類はカイコにはいないです。

去年の11月ごろ、2代目のカイコたちが羽化したときに、野生のクワコが飛んできたのは確か。でも交配はうまくいかなかったはずなんだけど。。。。よくわからない。。。。

ま、もう一回3代目を産ませて検証してみればいいか。
[PR]

by chikoblog | 2008-05-22 12:28 | カイコ・その他昆虫

ユキオくん、その他もろもろ

夕方仕事がひとつ休みになったので、ひさびさに家族総出で牧場で遊びました。

犬たちがご飯を食べている間、メェちゃんはドッグフードを狙って隙あらばおこぼれにあずかろうとウロウロしてうっとおしいので、いつも外につないで草刈りしてもらってます。ユキオ君は、その間、犬たちに追われないように高い所に避難してじっとしてます。

今日は久しぶりにユキオ君の写真を撮りました。
こんな感じでイスの上とかテーブルの上とかにいます。以前よりは人に慣れてきて、ちょっとだけならなでなでできるようになりました。
a0061845_22421927.jpg


なかなかグルメで、そこいらの草をつんで差し出しても匂いをかぐだけで食べてくれません。でも藤の葉っぱは大好物。
a0061845_22432368.jpg


藤の葉っぱでつれば、こんな狭いイスにでも飛び移ってきます。かわいい!
a0061845_22453059.jpg


わんこたちはいつものように、フリスビーのおっかけっこ。
a0061845_2248306.jpg


a0061845_22494463.jpg

そして、このあと、いつものようにさくらとナナは一試合しました。このごろは決着がつくのが早いです。

クワコもどきのカイコちゃん、ネットであちこち検索してみたら、よく似た黒カイコがいました。野蚕と家蚕のハーフだそうです。
やっぱり、うちのクワコもどきちゃんたちは、祖先に野蚕がいて、先祖がえりしちゃったんだな。
そうなると、この子たちは、きっと黄色い繭を作って、茶色の蛾になって飛べるのかもしれない。
ふむふむ・・・。
[PR]

by chikoblog | 2008-05-18 23:09 | ヤギ・ウサギ・その他の動物

蚕の品種

不気味なクワコもどきが成長を続けているカイコですが、いろいろネットで調べてみたら、黄白(おうはく)という種類は実は4種類の原種の交雑種だということがわかりました。日03号・日04号. ×中03号・中04号なんだって。純系の品種として固定されていたわけではなかったんです。わたしの勘違い。

だから黄白同士を掛け合わせて行くと、劣性ホモの個体は、親と違う形質をもったのが出てくるかも知れないんだね。これは面白いけど、ちょっと恐ろしい気もする。

養蚕農家が育てるカイコもほとんどが交雑種で、たとえば普通の白いまゆを作る「錦秋鐘和」という品種も、「錦秋」という品種と「鐘和」という品種の1代雑種。その方が丈夫で飼いやすいらしいです。で、養蚕農家も卵は、農業試験場とか蚕種の業者から毎年購入して育てるのだそうだ。そいういところでは、きちんと管理して原種を保存していて、原種をいろんな組み合わせで交雑してそれぞれの品種の卵を産ませているのだって。蚕の世界は奥が深い!

とりあえず、今年はクワコもどきと、去年の親と同じようなのと、去年もいたけど斑紋の色がうすくて体全体が白っぽい個体を別にして、掛け合わせ実験してみようかな。来年どんなのが出るか・・・。あと、まゆの色や形もそれぞれの幼虫のときの色と関係があるかどうか。ちょいと実験してみましょう。そういうのって、ネットで探してもあまり情報がないんです。こと「黄白」という品種に関しては。


こいつがクワコもどき。ちょっとグロいです。2割くらいがこんなのです。
a0061845_13132583.jpg


ふつうの子たちはこんな色
a0061845_1314388.jpg


これは斑紋の色が白い子たち。こういうのが1割くらい。
a0061845_1314362.jpg


来週の月曜日に、娘の小学校に幼虫を寄付することになったので、4・5齢の子たちを色分けして、学校用に普通の色の5齢の子たちを取り分けました。ちょうど3年生の生徒の数くらいいて、よかった。来週末には早いのはまゆを作り始めるはずです。

追記:夕方子供が帰ってきて学校の先生からの伝言。
「カイコは卵から育てたいので、卵を人数分お願いします。」
なんだ、じゃあ大きい子たちはこのままうちで繭を作らせましょう。今年は「うちわ」作ってみよう!
[PR]

by chikoblog | 2008-05-16 10:15 | カイコ・その他昆虫

変異?先祖がえり??

連日数十匹ずつ孵化しているおカイコさんですが、早いものはそろそろ5齢になりました。孵化していない卵の数も残りすくなくなりました。

ネットオークションに出品したり、新聞折り込みのタウン誌に情報載せてもらったりしたおかげで、かれこれ10名ほどの方にお分けできました。子供が興味を持っているので、とか、カイコが大好きで、という方ばかりで喜んでもらえて良かったです。

さて、カイコが成長するに連れて、ある異変が・・・。3齢までは、ちょっと色の濃いものがいるなぁ、ぐらいに思っていたんですが、4齢になるとはっきりと普通のカイコと違う個体が全体の4分の1ほどいるのがわかりました。
こんな感じなんです。
a0061845_106025.jpg
a0061845_1065141.jpg

ちょっとピントがあってませんが、大柄で色の濃い子たちがいるのがおわかりでしょうか。
茶褐色のごまだら模様に、首のあたりが白くなっていて、ちょっと見、鳥の糞のように見えます。
まるでカイコの原種と言われているクワコの幼虫そっくり。

普通のカイコはもっと全体に白っぽく、模様の色も薄いです。大きさも、クワコもどきたちの方がひとまわり大きくて頭部が丸くぼってりしています。こいつらの方が活発で、よく動き、新しい桑の葉を置くとすぐにはいあがってきます。う~ん、なんだろう・・・・同じ親が一度に産んだ卵のはずなのに・・・。

うちで育てているカイコは、去年JAから取り寄せた黄白という種類です。オスが白、メスが黄色のまゆをつくる比較的新しい品種です。でも、ちゃんと品種として固定されていて、去年秋にかえった2代目の中には、こんな子たちはいませんでした。

今回かえった卵は、去年の1代目が夏の終わりに産んだものと、2代目が秋の終わりに産んだものの両方あるんですが、早くかえって今4齢・5齢になっているのは1代目の卵の方です。だから、理屈では、去年の秋に生まれた2代目と同じはずなんだけどなぁ・・・。越冬したものとしなかったもので、なにか違いがあるのかなぁ・・?

ともかく、このクワコもどきがどういう繭をつくってどんな成虫が出てくるか、しっかり観察してみます。
[PR]

by chikoblog | 2008-05-14 10:18 | カイコ・その他昆虫

野生化?

連休あけの良い天気の夏日。
日中あまりに暑くて外に出る気にならず、娘が帰ってきてから4時過ぎに久しぶりにワンたちと遊びました。

ナナは前から水浴び大好きで、ひと走りするたびに水色のタライにジャボンと水浴。フリスビーやボールも洗ってくれます。でも、「モモは水がきらい。」って前の飼い主さんから聞いていたとおり、少し前まで水浴びしなかったのですが、最近は違います。ナナといっしょにボール取りに走って暑くなると、モモちゃんだってこのとおりです。どっぷり水浴びしてます。くわえたボールは、離さないまま。
a0061845_8282062.jpg

a0061845_8283713.jpg

ナナのお気に入りのタライの方には入らないけど、こっちのトロ舟は、今やモモ専用のお風呂になってます。ワイルドな生活していて水猟犬の本能が目覚めてしまったかしら?じつはモモは今まで猫かぶっていたんじゃないか、と思ったりするこのごろです。
[PR]

by chikoblog | 2008-05-07 20:21 |

カイコぞくぞく

ゴールデンウィークももう最終日。すっかりご無沙汰しておりました。みなさんお元気ですか。

連休中は、わんこたちはパパまかせで、わたしはカイコの世話係です。お蚕さん、毎日ぞくぞく孵化しており、たいへんな数になりつつあります。虫嫌いな人にはぞっとする光景だと思うので、控え目に・・・。
a0061845_102293.jpg

これは孵化して1週間くらい3齢幼虫になったところです。もう早いものは4齢になってきています。脱皮するたびに少しずつ色・柄が変わって、頭の形がデコッパチになってきたり、おしりの突起ができてきたり、かわいいですよ。

まだ何千個かの卵は冷蔵庫に入れて孵化を遅らせています。あまり増えすぎても大変なので、ヤフオクに「カイコの卵・幼虫」って出品したら、3人落札してくれました!娘の小学校にも、理科で昆虫の観察の単元に入ったら、カイコの幼虫を寄付することになってます。みんなで広げようカイコの輪!

先日、塾の子供たちに
「カイコの幼虫飼わない?」と持ちかけたら、
「?カイコって何??」という反応が返ってきてびっくり!
小学校6年生ですよ、小3の理科の教科書に出てくるだろうが!!しかも小学校の違う二人の子が二人ともまったく同じ反応。小学校の先生は、何を教えていたんじゃ?(ちなみに今小5の子たちは去年カイコの飼育を実際に経験していたので知っているはず。先生によって扱い方が違うかも)

「え~、カイコ知らないの?絹糸のもとになるまゆをつくるガの幼虫だよ。」
「”絹”ってなに??・・・”まゆ”って?」これにはもっとびっくり!!
小6にもなれば、理科だけじゃなく、社会や家庭科でも絹に関することは学んでるはずだし、実生活の中でも”絹”って言葉くらい耳にするだろうに・・・。
「家庭科で糸の種類とかやらなかった?綿とか絹とか。絹ってシルクだよ。シルクロードって聞いたことない?」
「シルクロードは聞いたことあるけど、絹は知らない。」


ああ、日本の教育、いや文化は、いったいどうなっているんでしょう。断片的な知識しかなくて、ことごとく実体験が乏しい子供たち。先が思いやられます。日本の文化と深い関わりがあるのに、小6にもなって”絹”という言葉する知らない子たちがいるなんて、信じられません。

このあたりは、桑の木なんて、そこいらの道端やあぜ道にいくらでも生えているんだから、小学生全員にカイコ飼わせて絹糸の糸取体験くらいさせた方がいいかも。幼稚園だって、気の利いたところではそういう活動取り入れているのに。総合学習では、そういう題材こそ扱ってほしかったなあ。かかしコンテストのかかし作るのもいいけどさ。

人間が利用してきている植物とか昆虫とか家畜とか、実際に育てて観察させて、それから受けてる恩恵を体験させて、自然から得ている恵みや、他の動物の命を犠牲にして人間は生きてるんだってことを認識させないと、環境保護とか地球温暖化防止とか論じても自分の身に関わることだという実感が持てないでしょう。

親もゲーム機やソフトを買い与えるより、生き物飼わせてくれたらいいのに・・・。その方がもっよ子供を賢くさせて人間性を豊かにしてくれるのに。親が生き物嫌いだとどうしようもないけど・・・。だからこそ学校や地域社会でそういう機会を作ってやらないと、自然オンチな子供が増えちゃう。ということで、みなさんカイコ、いかがですか?
[PR]

by chikoblog | 2008-05-06 10:50 | カイコ・その他昆虫