<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヤギーズの近況

メープル亡きあと、新たに子ヤギが加わって、頭数は変わらず。
子ヤギちゃんは、一人っ子なので、おっぱい独り占め、満足してるらしくほとんど鳴かずにおとなしいです。
これは生まれた翌日の画像です。今はもう小屋の外にも出て元気に飛び跳ねてます。
a0061845_2029557.jpg

a0061845_20323134.jpg

男の子ですが、すでにご予約いただいているので、行先の心配をしないで済みます。
大事に育てなきゃ。

いつも母親べったりだったカエデが母を恋しがるかと思いきや、意外と平気で、メェちゃん親子といっしょに仲良くそつなく過ごしてます。
体はあんまり大きくならないけど、顔が老けてきたなぁ・・・
a0061845_2032352.jpg

a0061845_20333528.jpg


すっかりおとなになって、本能丸出しのユキオは、メェちゃんのおしりの産後の匂いに反応して追いかけていけないので、ひとりつながれてます。
a0061845_20341998.jpg

メェちゃんや子ヤギを触った指の匂いに、鼻の下を伸ばしてる、助平おやじ。
a0061845_20413159.jpg


3度目のお産ともなると、余裕しゃくしゃくメェ母さんは、子供放っておいて、外の草をムシャムシャ。
a0061845_20383087.jpg

子供が1頭だけだから、おっぱいが張り過ぎないように注意しないといけないですね。

今年も雪柳が満開の季節になりました。もうすっかり春。
a0061845_20401414.jpg


ああ、デジカメが欲しい・・・。
[PR]

by chikoblog | 2009-03-28 20:46 | ヤギ・ウサギ・その他の動物

生まれて、そして・・・

またまたご無沙汰しております。
3月前半は、サポート校の行事がいろいろと忙しく、その後は確定申告やら、来年度の生徒募集やらで気忙しく、やっと春休みに入って一息ついたところです。

じつは、3月14日にメープルが出産しました。ちょうどサポート校の卒業式で、わたしは朝から出かけていたので、立ち会っていないのですが、ジジからの報告で、メープルが出産していて、死産だったと聞きました。もう埋めてしまったというので、見ることはできませんでしたが、子ヤギはかなり小さかったようで、未熟児だったのかもしれません。

その後のメープル、なにごともなかったように平然としていたのですが、下痢が続き、だんだん元気もなくなってきたので、獣医さんにみてもらおうと思っていたやさき、今日、急に悪化して夕方には死んでしまいました。

もっと早く獣医さんを呼ぶべきでした。
もう少し早く治療していれば持ち直したかもしれないのに・・・。
かわいそうなことをしてしまいました。


あ~あ、と気を落として夕食のしたくをしていると、なんだか猫の子のような鳴き声が山羊小屋の方から聞こえてくるので、不審に思って行ってみると、なんと!メェちゃんが出産していました!!

あまりお腹が大きくなっていなかったので、まだまだかと思っていたんですが、1匹だけだったんですね。
元気な男の子です。
小ぶりですが、見に行ったときにはもう自分の足で立っていて、鳴き声も大きいし、おっぽいも勢いよく吸っているし、大丈夫そうです。


1日のうちに、死と生とが交錯してまるでジェットコースターに乗っているような気分。
それにしても、山羊って、どうして生まれるのも死ぬのも、こう突然なんでしょうかねぇ。


メェちゃんの赤ちゃんヤギ、女の子なら欲しい人がいっぱいいたのに、男の子でちょっと残念。
でも元気に育ってくれたるだけでいい。
がんばれ、赤ちゃん!メェちゃん!
[PR]

by chikoblog | 2009-03-25 22:45 | ヤギ・ウサギ・その他の動物

ガラスの桜

3月になってから雨が多いですね~~。
花粉症の人にはちょっとありがたいかもしれないけれど、いつ犬を散歩出そうかと毎日頭を悩ますこのごろ。雨が弱くなったすきに出さないと面倒だから。

でも、今日はそんな気分も吹き飛ばしてくれるようなステキなものが届きました!
ガラスでできた桜の花びらの形の箸置きです。
a0061845_043506.jpg


伊豆の吹きガラス工房、FAROのたんたんさんからのプレゼントです。
たんたんさんのお宅には、シバヤギの親子がいて、山羊関連の掲示板で交流させていただいています。
先日、たんたんさんのブログで、ブログ開設1周年記念のプレゼントの企画があったので、応募したところ、なんと抽選で当たってしまったのです!!(ありがとう、時ちゃん!)
プレゼントは2個だったので、家族の人数分+予備でもう3個注文して、5個送っていただきました。

ステキでしょう?
添えられているカードもしゃれていて、とってもいい感じです。

パッケージをあけるのがもったいない・・・しばらくこのまま飾っておきま~す。

たんたんさん、本当にありがとうございましたm(__)m

たんたんさんの作品は、明るい色合いとかわいらしいフォルムのものが多くて、見ているだけで気分が晴れやかになります。
いつも創意工夫をされていて、他の人を思いやる気持ちのこもった素晴らしい作品ばかりです。
私個人としては、ガラスのウミウシシリーズの大ファンです。いつかピカチューをこの手にしたい!
ほほえみカエル君も大好き。

FAROでは、吹きガラス体験もできます。春休みに伊豆方面にお出かけの方は、ぜひ予約して寄ってみるのはいかがでしょうか。私も行きたい・・・行けるものなら・・・・・
[PR]

by chikoblog | 2009-03-09 23:40 | ヤギ・ウサギ・その他の動物

またしても・・・

昨日、庭でつながれているミルキーが、すみの方で地面に鼻をつけてくんくんしていた。
周囲には、なにやら白いものが散らばっていて、遠目にはなんだか見当がつかなかったが、近づいてみると、どうも動物の毛のよう。

まさか・・・と、2匹のウサギのケージを置いてある方に目をやると・・・・・チェリー(♀)のケージの扉が開いていた。しまった!と思ったけれど、時すでに遅し。ミルキーの周辺に飛び散った毛は、色も長さも間違いなくチェリーの白い毛。ピッピちゃんに次いで、またやられてしまったか??

チェリーのケージの扉は、扉のワイアと同じ素材で、折り曲げただけのフックがついていて、それを本体の方の柵にひっかけるだけの構造。内側から強く押すと開いてしまうのだ。それでも今までチェリーが脱走することはなかったので、油断していた。失敗!

昨日の時点では、毛以外には血のあとや残骸が見当たらなかったので、もしかして逃走して生き延びているか、とも思ったけれど、今日のミルキーの便の中に、大量のウサギの毛や爪やらなにやらが出てきたので、もう間違いない。ミルキー、ひとりで完食してしまったのだ。嗚呼!

チェリーも、どうしてわざわざミルキーのなわばりに跳んで行ってしまったのやら・・・。
繋がれている犬に襲われるなんて・・・。

もう、絶句です。
春休みにはウサギの赤ちゃんを育てたかったのに、夢破れました。
[PR]

by chikoblog | 2009-03-05 20:42 |

順位

もう3月です。
去年の今頃、モモとナナを引き取ったんだなぁ~と思い返して、なんて月日が経つのが早いこと!

最近のモモ・ナナの様子ですが、ナナは完全に群れのボスの座を確保したようで、数か月前から、さくらとやりあうことはなくなりました。ナナの方が体格もいいし、動きも敏捷だし、ドンくさいさくらに勝ち目なし。

それで平和になったかというと、さくらは2番手に落ちたうっぷんをモモに向けて、モモをいじめます。
みんなでフードを食べているとき、自分のエサがまだ残っているのに、モモのエサを横取りしようとして威嚇したり、ちょっとしたことがきっかけでモモに食ってかかって行きます。
それで、最近は、ご飯のときモモだけ他の子たちから離れたところで食べさせてます。それでも見張ってないとさくらがじゃましに行くので、みんなが食べ終わるまで監視してないといけない。

まったくさくらはなんであんなに気性が荒いのか??
シロのおっとり、まったりした雰囲気こそラブラドールの気質だと思うんだけれどね・・・・。
さくらは、実はラブラドールじゃなくて、闘犬系の血が混ざってるんじゃないかと思うくらいです。

一方、ナナもさくらより優位になったことで、モモに対しても威張ってます。
放牧場で遊んでいるときは、いっしょにボール追いかけたりして、別に平気なんですが、犬舎の中では、モモだけのけものにされるみたい。

ナナといっしょにすると一触即発だったさくらと、柵越えの名手ミルキーは、犬舎の外につないで、それぞれにイヌ小屋を与えてますが、ほかのラブ3匹+ハッピーはラブ用犬舎の中に雑居。ナナが強くなってから、ときどき、モモだけひとりでポツンとしてることがあります。寒い日に、他の3匹が寄り添って寝てるのに、モモひとり少し離れたところで丸くなってるのを見ると、なんだか不憫になりますね。
それで、モモだけ別の場所に移そうかと試みたんですが、やっぱりみんなといっしょがいいみたいで落ち着かなかったので、またいつもどおりに戻しました。

むしろ、ナナを別にした方がいいのかな?
ときどきナナだけ放牧場に置いてきたりすると、3匹で仲良くしてるもんねぇ。

今まで、犬の数が多くてもほとんどが血族だったので、自然と順位ができあがっていて、犬同士の関係で悩むことはなかったんですが、おとなになってからいっしょになると、やっぱり難しいものがありますね。

春休みには、少し庭を手入れして、もう1つ犬小屋を置けるようにしてみてます。
みんなが平和でいられる組み合わせを考えて、犬舎の配分・配置をしてみよう。


家の中でも、ジャムが大きくなってくるにつれ、ミッキーとララが疎ましがるようになってきました。でも、こちらは、ジャムが調子に乗りすぎたらハウスさせて隔離してしまえば収まるので、まあよいです。

4月からは、私のサポート校の仕事が午前・午後と続けてになる予定です。いままでは半日だったので、私が留守のとき、ジャムはケージにいれてお留守番させてましたが、朝から夕方までとなるとケージで留守番じゃかわいそうなので、いっしょに通勤して学園の看板犬にしようかと企んでます。学園長のOKはもらってあるから大丈夫。ミッキー・ララなら家に放しておいてもいたずらしないし、おとなしいのでジジにまかせておけるけど、ジャムは放しておいたらいたずらし放題だし、動きが激しいし、ミッキー・ララがいやがるから。

留守番がかわいそうというだけじゃなく、ジャムには学園で特別の役割を果たしてもらいたいとも思ってます。
サポート校なので、いろいろな経緯で心に傷を持った子が多いです。精神的に不安定な多感な時期、何も言わずにそばにいてくれる犬の存在は大きいです。家で犬を飼えない子もいるし、アレルギーで近づけない子もいますが、ジャムの性格ならだれとでもフレンドリーで、プードルだから毛が抜けなくて安心。赤ちゃんの時期に事故で片足を失っているというハンディも、かえって子供たちに共感を与えて心を開かせるのではないかと期待してます。セラピードッグになれるかな?


どの子も適材適所で、うまく利点を生かせるようにしたいなぁ。
[PR]

by chikoblog | 2009-03-01 23:23 |